毎月10万円稼いでいる簡単な方法

「月収250万円を稼ぎながら、週休5日間のサラリーマン」レビュー

ネットビジネスで自由を手に入れる為の情報

本日は

月収250万円を稼ぎながら、週休5日間のサラリーマンという
中村貞文氏のアフィリエイトノウハウの無料レポートレビューです。

WS000001_20140803161348a8f.jpg

この後に登録したメールアドレスに
バックエンド商材の売り込みが来るものと
思われます。

販売者の中村貞文、株式会社プラスウェブ代表。
(社)全日本SEO協会認定WEBセミナー講師。

SEOをベースとしたサイトアフィリエイトが
メインになると思います。

著作に「アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の
検索キーワードの法則」があります。」

この中村貞文は一定のSEO技術があり
アフィリエイトでそこそこ実績を出している、
ということは事実なのだろうと思います。

ホワイトハットSEOをしている一方で、
このような情報商材のマーケティングに溺れてしまっている点で
かなり信用を毀損している部分が見受けられますが。

またアフィリエイトで
年3000万円を稼いでいるといいますが
純粋に年3000万円はかなりの金額です。

1サイトが月5万円稼ぐとしても
50サイト必要になりますが、
この時点でかなり怪しいと思います。
(実際に報酬成績などがありませんので・・)

年3000万円のスーパーアフィリエイターの手法は
それこそオリジナル性があり
ある意味市場のシェアを牛耳っているくらいの
ビジネスボリュームと裏付けられた理論や
システムを持っているからです。

この中村貞文に
そのくらいの迫力がビジネスにおいて見られないということは、
やはりというか売り上げの中身は
ほとんど「情報商材」

「本の印税」によるものなのではないでしょうか?

今回のアフィリエイト無料レポートの内容も、
自身の半生や苦労話が延々と書かれているだけで、
ビジネスのテーマや手法についての
記述が一切ありません。

稼いでいる人はSEOであれ
何かを極めている人であり、
今更キーワードの選定など細かな部分には
フォーカスしませんし
ビジネスがダイナミックです。

情報商材業界の手口は
とにかく初心者や
利益の出ていない人を騙して
儲ける手口です。

ですから必然的に
集客が簡単に出来るとかツールを使うだけとか
簡単にスキルもなくできることをアピールします。

小手先戦術や精神論を必死にアピールするのです。

残念ながら今回の中村貞文氏はそれに該当します。

書籍を出したりしているので
実業のコンサルや講演会などをしている方が
よかったのではないでしょうか。

儲かるからといって
安易に短絡的な売り方 儲け方をしていると
自身のキャリヤや 実績信用に傷をつけてしまうので
仕掛ける方も誰と組むのか本業にしわ寄せがこないのか
十分考える事が必要となります。

Copyright (C) 2017 毎月10万円稼いでいる簡単な方法  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。

i2i