毎月10万円稼いでいる簡単な方法

「泉忠司と蝶乃舞 富のサミットinジャパン」レビュー

副業にネットビジネスで稼ぐ為の情報

本日は

「泉忠司と蝶乃舞 富のサミットinジャパン」について
レビューです。

こちら

 

WS000045

 

 

泉忠司氏と蝶乃舞氏は

日本でのセミナー講師を引退し

ロバート・アレンと共に世界公演ツアーを行います。

と宣言しているのですがそのセミナー第一弾が

渋谷公会堂になるのでしょうか?

 

さらにVIP席購入に付く合宿セミナー講師に

泉忠司氏・蝶乃舞氏の名前があります。

完全にセミナー講師引退商法です。

 

講師のメンバーには凄い方もいますが、

怪しい人達もかなり混じっています。

 

杜云生 「セールスこそが究極の力」

董秀珍 「億万長者はトータルパーソン」

蝶乃舞 「グローバル社会に必要な3つの武器」

泉忠司 「日本人が危機を脱する唯一のスキーム」

 

アジアのロバート・キヨサキと呼ばれる

杜云生氏や董秀珍氏は

ネットワークビジネスの成功者です。

日本で高額塾を売ってきた蝶乃舞氏も

今は泉忠司氏と組んでセミナー屋に転身していますが、

ネットワークビジネスと情報商材の親和性は高く、

対象となる人達も似ています。

 

ロバート・アレンの「10年以内に半分の人が失業することの脅威」

そして「そのために今準備すべき、複数の収入源を確保する具体的方法」

ここに繋がるコンセプトは危機感を煽って

新しい収益源を手に入れる方法を

今考える必要があるということ、

そういう新しいメソッドを彼らが教えるということです。

 

つまり彼らの手法にお金を払って学び

彼らの元でコントロールされた商品やサービスをセールスする。

もうこのセミナーに参加している段階で

彼らのビジネススキームに組み込まれているのだと認識するべきです。

 

今の情報商材や塾も

事前の無料セミナーでリアルに接して信じ込ませる

SF商法になりつつあります。

 

ネットだけでクロージングできる時代は終焉し、

また日本でも悪評が広く認知されてしまったが為に、

クローズな組織へ強引に引き込む必要性があるのです。

 

ネットワークビジネスの手法に回帰するのは当然の流れです、

今も尚しぶとく生存している業界ですから。

 

より危険で大胆な行動により参加者に大きな

お金を使わせる洗脳メソッドを開発しています。

 

危機感のあるネットワークビジネスと

情報商材が手を組んだ理由も分かります。

但しネットワークビジネスは

一部の幹部しか儲からないという事は

歴史が証明しています。

大部分は洗脳され続け成果報酬ノルマで

彼らの手の上で働かされているだけなのです。

 

彼らは自ら何も付加価値を生み出す事はしていません。

全て人を利用して儲けることしか考えていないのです。

 

彼らの教えを実践し成功している人が他にいるでしょうか?

目立つのは彼らの資産とか収入だけです。

では彼らと同じビジネスモデルを実践できるでしょうか?

あなた自身が宗教の教祖になれますか?ということです。

 

こちらは主賓講師陣です。

久積篤史

ここに悪評高いインフォプレナーの久積篤史がいることで

信用性が一気に失われています。

 

久積篤史
國武栄治
大嶋啓介
パンダ渡辺
松宮義仁
クリス岡崎

 

■特別VIP席 50万円

「The Road To Billionaire」億万長者への道 2月14日15日

一晩で億万長者になる思考を完全インストールする合宿セミナー 講師 泉忠司・蝶乃舞 120万円相当

ロバートアレンのサイン付き著書プレゼント 1万円相当

ロバート・アレン、杜云生・董 秀珍・泉忠司・蝶乃舞と記念撮影 10万円相当

蝶乃舞の18億円マンションでの人数限定豪華なパーティーに招待 5万円相当

数百人の中国企業家と一緒に受ける三日間セミナー参加権 講師 董 秀珍 15万円相当

講師の顔が見える最前列のお席

■ゴールド席 5万円
■シルバー席 3万円
■一般席 2万円

と例のごとく席の序列で区分けして特別VIP席の

優越感を味合わせる戦略です。

彼らからすれば特別VIP席を買ってくれる人は

極上のカモになります。

バックエンド商品やセミナーや商材も

エンドレスに売りつけることのできる金の成る木でしょう。

 

このようなセミナーに参加して気分が良くなって、

さらに儲かればいいのですが、
少なくとも彼らに師事して儲かって有名になった人は

私の知る限り誰も知りません。

 

 

Copyright (C) 2017 毎月10万円稼いでいる簡単な方法  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。

i2i